ホワイトヴェールに副作用はある?心配だから調べてみました

ホワイトヴェール 副作用

紫外線は美容の大敵、とはいえこまめにスプレーやクリームタイプの塗る日焼け止めを使用するのは大変です。

それに、効果は高いもののお肌への負担も大きいのです。

今おすすめなのはホワイトヴェール・飲むタイプの日焼け止めです。

ニュートロックスサンという有効成分があなたを紫外線から守ってくれます。

マリーゴールドやザクロエキスなどの植物成分が美容にも最適です。

ホワイトヴェールに副作用はある?

こちらの製品、医薬品でも医薬部外品でもないため強い効果はありません。

即効性も無く飲み続けていないと効果が出てこない反面、副作用の心配もないので安心してください。

強いて言うなら、ビタミン系成分が取りすぎると嘔吐・下痢・便秘・胃部の不快感・発疹・食欲不振・かゆみといった症状につながるので過剰摂取を避けていただきたいという程度です。

1日たった2錠飲むだけで良いのです。

こまめに日焼け止めクリームを塗るよりもよっぽど楽なため、大人気製品です。

お肌が弱くて、弱めの効果の日焼け止めクリームでもすぐに荒れてしまうという方も安心です。

特に気になるのは夏場ですが、紫外線は一年を通じて空から降り注いでいます。

いつまでも美しいお肌を保つために、ホワイトヴェールを上手に利用しましょう。

ホワイトヴェールの成分は何が入っているの?体に悪い物は入ってない?

ホワイトヴェール 成分
紫外線対策と言えば日焼け止めクリームが一般的なのですが、ホワイトヴェールは飲む日焼け止めです。

ニュートロックスサンを配合しているので効き目は高いと言われていますが、なぜ飲む事で日焼け止めになるのでしょうか。

塗るのではなく身体の中に取り入れるので、気になる成分について確認しておく必要があります。

ホワイトヴェールの成分は?

代表的な成分にニュートロックスサンがあります。

これはシトラスやローズマリーから摘出した天然のポリフェノールであり、研究結果では服用者は紫外線保護作用が60%ある事が証明されています。

公式サイトに成分が全て載せられていますが、ニュートロックスサンとは表示されていません。

薬事法により混合物である場合は詳細を記載しないといけない決まりになっています。

含まれている成分は多く上記以外にザクロエキスやルテイン、クロセチンにグァバなどがあります。

肌のターンオーバーを促したり抗酸化作用のある成分が中心であり、肌によいものがバランスよく配合されています。

以前はカニやエビなどの甲殻類アレルギーの方に対して副作用の心配がありましたが、2017年より配合成分が見直されて心配はなくなっています。

ローズマリーやシトラスが紫外線対策をして、ザクロやメロンプラセンタといった美容によい物が肌のトラブルを改善していきます。

ホワイトヴェールに副作用の心配は?

飲む事になるので副作用の心配がありますが、サプリメントなので医薬品ではなく食品に分類されます。

副作用もなく100%植物由来成分であり、日本産である事も安心できる要素と言えます。

飲む事で1日紫外線から肌を守る事ができ、さらに美容成分も含まれているので身体の内側から綺麗を保つことができます。

塗る日焼け止めでは敏感肌で使用しにくい方に最適であり、肌がべたつく心配もありません。

以上の様にホワイトヴェールは効果も高く安心して利用できるサプリメントと言えます。

植物由来の素材が絶妙な配合バランスで効果をそれぞれ補い合っている、新しい日焼け止めです。

 

⇒口コミを見てみる